カミソリを使ったデリケートゾーン正しいムダ毛処理方法

デリケートゾーン カミソリ

アンダーヘアを自己処理している方のほとんどは、カミソリでの剃毛か毛抜きでの脱毛だと思いますが、自己処理は正しい方法で行わないと肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。

処理後に赤いプツプツが出来てしまったり、切れてしまった経験がある方も多いのではないでしょうか?

そこで、この記事ではカミソリを使った正しいアンダーヘア(デリケートゾーン)の処理方法を紹介していきますね。

毛抜きでの自己処理はこちらをご覧ください。
脇毛やアンダーヘアを毛抜きで抜くのはNG!

カミソリで処理することのメリット・デメリット

メリット

カミソリでの自己処理の最大のメリットは手軽に出来るということですかね。

コストも抑えることが出来て、多くの人がカミソリでアンダーヘアの処理をしています。

デメリット

カミソリで剃って、少しの間は毛が生えていない状態を維持することが出来ますが、翌日にはチクチクし始めてきますよね。

また、カミソリ負けをして肌を傷つけてしまうこともあります。

デリケートゾーン周辺の皮膚は他の部位に比べると薄いので、カミソリの刺激でメラニン色素が沈着することによって黒ずみの原因にもなりますね。

デリケートゾーンの黒ずみはメラニン色素の沈着がほとんどの原因で、この場合は治していくことが難しいので最大のデメリットになるのではないでしょうか。

このようにカミソリでのアンダーヘア処理はメリットとデメリットが吊り合っておらず、デメリットの方が目立ちますね。

しかし、手軽にできて便利なムダ毛処理方法なので、これからもカミソリで処理していこうと思っている方もいるかと思います。

そういう場合は正しい剃り方で処理していくことが大切になってきますね。

カミソリでの正しいアンダーヘアの剃り方

アンダーヘアのカミソリでの処理は、毛の流れに逆らわないということが基本です。

例えばVラインの場合は、あらかじめある程度の形を決めて、上から下に向かって剃っていきます。

この時に下から上に剃ってしまうと、逆毛の状態で剃ってしまい肌を傷つけてしまうことになります。

脚の付け根部分は、脚を開いてなるべく平面になるようにして沿って行ってくださいね。

IラインOラインは自己処理をしにくい部位なので、周辺の肌を切ってしまわないように鏡で見ながら処理していきます。

鏡をまたいで、覗きこむようにして処理していくとやりやすいです。

また、処理後はクリームなどを塗って保湿と傷のケアをしていくことで、肌トラブルの可能性を低くすることができるので、カミソリでアンダーヘアを処理する場合は、これらのことを守るようにしましょう。

夏が終わった今だからこそ!
美白を手に入れるための黒ずみケアクリームランキング

これから脱毛しようと思っている方や、すでに脱毛をしている方。
脱毛後の黒ずみ対策は済んでいますか?

せっかくムダ毛の処理が出来ているのに、黒ずみで目立ってしまっては脱毛の意味がなくなってしまいます…

脱毛後に悩まないためにも、黒ずみケアをしっかりと行って綺麗ですべすべなお肌を手に入れましょう♪

このページの先頭へ