妊娠中の脱毛は危険!?胎児への影響は?

妊娠中の脱毛

おそらくこの記事にたどり着いた方は、妊娠中はムダ毛が気になって脱毛をしたくなった場合や、妊娠していることに気が付かず光脱毛やレーザー脱毛の施術を受けてしまったなど、妊娠中の脱毛について気になっていることがある方だと思います。

施術を受けてしまい胎児への影響を心配されている方もいるでしょう。

しかし、結論から言うと光脱毛やレーザー脱毛は子宮や胎児に悪影響を与えるものではありません。

ただ、多くのクリニックやサロンは、妊娠中の施術をお断りしているところがほとんどです。

ではなぜ、胎児や子宮に影響はないのに断られるところが多いのでしょうか?

この記事では妊娠中の脱毛についても疑問について紹介していきますね。

妊娠中はなんで脱毛できない?

妊娠中に脱毛をお断りしているサロンやクリニックが多い理由は、胎児に影響が出るからではなく、痛みによる刺激が肌に悪影響を及ぼしたり、ストレスによって陣痛を引き起こしたりなど、脱毛をすることによってトラブルを引き起こしてしまうことが有るからです。

また、長時間同じ大勢で施術を受けることで、気持ちが悪くなったり吐き気を催すことも多々あるようです。

特に妊娠初期は体の変化が不安定なこともあり、安定期に入るまではマタニティエステでも施術を断られることがほとんどです。

妊娠中は、ヘアカラーも控えたほうが良かったりするので、ムダ毛が気になっても脱毛は避けて、胎児・母体に影響が出るような行動をとるのはやめましょう。

また、ブラジリアンワックスや毛抜きを使用して自己処理をしていくのも、肌が敏感になっている妊娠中は避けたほうがいいでしょう。
(毛抜きやブラジリアンワックスは妊娠中でなくても、肌へのダメージが大きく肌トラブルを引き起こす可能性が高いです。)

毛を抜くと生えてこなくなる?濃くなる?毛抜きをおすすめしない理由
セルフのブラジリアンワックス脱毛の痛みやコツは?

妊娠中のムダ毛処理は?

妊娠中のムダ毛処理は、自己処理の中で肌への刺激が一番少ない「電気シェーバー」で処理をしていくようにしましょう。

また、使用する際もいつも以上に、肌への刺激を抑えるように手入れをしていき、処理後の保湿などのアフターケアも入念に行っていくようにしましょう。

また、今後妊娠の予定がある方は、妊娠する前にレーザー脱毛で永久脱毛をするという方も多いですよ。

永久脱毛の月額3,000円ほどから通えるところも多いので、事前に脱毛をしておくか電気シェーバーで処理をしていくのか、あなたに合った方法でムダ毛処理をしていってくださいね。

まとめ

妊娠中の脱毛は胎児に直接的な影響があるわけではありませんが、脱毛による刺激によって体調を崩したり陣痛を引き起こしたりすることがあるので、妊娠中の脱毛は避けるようにしましょう。

また、妊娠中のムダ毛処理も電気シェーバーで刺激を抑えて処理していくか、事前に永久脱毛をしておくなど、計画的に行っていくとスムーズに進んでいくと思いますよ。

夏が終わった今だからこそ!
美白を手に入れるための黒ずみケアクリームランキング

これから脱毛しようと思っている方や、すでに脱毛をしている方。
脱毛後の黒ずみ対策は済んでいますか?

せっかくムダ毛の処理が出来ているのに、黒ずみで目立ってしまっては脱毛の意味がなくなってしまいます…

脱毛後に悩まないためにも、黒ずみケアをしっかりと行って綺麗ですべすべなお肌を手に入れましょう♪

このページの先頭へ