毛深いのは遺伝が原因?子供に遺伝したらどうするのがベスト?

毛深い遺伝

「どうして私だけ…」

と、毛深いことに悩んでいる女性も多いかと思います。

私も脱毛をする前は、毎日毛深いことがバレないようにするために必死になっていました^^;

でも、一度は「なにが原因で毛深いんだろう…?原因が分かったら治るかも!」と考えたこともあるのではないでしょうか?

ただ、近年の研究では脱毛は遺伝の影響が大きいということが分かっているんだそうです。

そこでこの記事では、毛深さの遺伝について紹介していきますね。

毛深いのは本当に遺伝する?

冒頭にも書きましたが、毛深さは親から子へ遺伝していくことが研究によって分かっています

また、両親はそれほど毛深くなくても、祖父母のどちらかが毛深かったりすると、子供(孫)へ毛深さが遺伝してしまうこともあるそうです。

薄毛も薄毛すると言われていますが、薄毛の場合は若い頃からしっかりとケアをしていくことで、将来薄毛になってしまう可能性を抑えることができます。

しかし、毛深さや毛質などの遺伝は、対処していくのがなかなか難しいようで、毛深いのは100%が遺伝の影響とまでは行かないものの、毛深い原因の一つとして有名ですね。

毛深いのが遺伝の影響ではない場合は?

家族に毛深い方がいないのであれば、遺伝の影響ではなく、原因は別のところにある可能性が高いです。

毛深くなる原因としては、このようなことが挙げられます。

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 食生活の欧米化
  • ストレス
  • 生活習慣
  • ムダ毛をカミソリや毛抜きで処理している

などなど…

遺伝が原因ではない場合は、毛深さの原因になっているものを解消していけば、ムダ毛は徐々にではありますが薄くなっていきますよ。

詳しくは、「ムダ毛を薄くしたい女性必見!薄くする5つの方法」解説していますので、ぜひご覧ください^^

遺伝か遺伝ではないかを見極めるポイントは、

  • 両親・祖父母に毛深い方がいるかどうか
  • 幼い頃から毛深かったかどうか

で、ある程度は見極めることができるので、一度どちらなのか検証してみてください。

子供が毛深いのは私のせい?

この記事を呼んでくださっている方の中には、子供が毛深いので遺伝したのでは?と思われているご両親の方もいるかもしれません。

ただ、遺伝することは防ぎようのないことですし、悲観することでもありません。

子供も、毛深いことをコンプレックスに感じているかもしれませんが、親まで子供が毛深いことをコンプレックスに感じてしまっているのであれば、それは間違いかなと思いますね。

なので、一緒になって悩みを抱えるよりは、子供がコンプレックスに抱えていることを解決できる方法を一緒に探してあげるのがベストなのではないでしょうか?

最近では、中学生や高校生でも通える脱毛サロンやクリニックもありますし、家庭用脱毛器も高性能なものが販売されています。

肌へのダメージが少ないムダ毛の自己処理方法を教えてあげるのも手ですね。

ハイジニーナ.comでは、中学生・高校生でも通えるサロンの紹介なども紹介しているので、「まだ若いんだから」と悩みを聞いてあげないのではなく、お子さんと一緒に解決してあげていってくださいね^^

夏が終わった今だからこそ!
美白を手に入れるための黒ずみケアクリームランキング

これから脱毛しようと思っている方や、すでに脱毛をしている方。
脱毛後の黒ずみ対策は済んでいますか?

せっかくムダ毛の処理が出来ているのに、黒ずみで目立ってしまっては脱毛の意味がなくなってしまいます…

脱毛後に悩まないためにも、黒ずみケアをしっかりと行って綺麗ですべすべなお肌を手に入れましょう♪

このページの先頭へ