ハイジニーナとは?パイパンとの違いは?

ハイジニーナ

ハイジニーナやVIOなど数年前までは全く聞くことのなかった言葉が当たり前のように使われていますね。

脱毛関係のお仕事をしている方いとっては当たり前の言葉かもしれませんが、いまいち意味がわからないという方も多いかと思います。

そこで、この記事ではハイジニーナとは一体どんな意味なのかを紹介していきますね。

ハイジニーナとは?

ハイジニーナとは、英語の「hygiene」が語源となっている言葉で、「hygiene」を和訳すると「衛生」という意味なんだそうです。

もともとは医療現場で使われていた言葉らしいのですが、最近ではデリケートゾーン脱毛を表すことも多いです。

また、デリケートゾーンと一言で言ってもいろいろありますが、一般的にはアンダーヘアーを無毛にすることをハイジニーナといいます。

日本だとあまり浸透している言葉ではありませんが、欧米などではハイジニーナは男性にも女性にも人気で、ハリウッド女優などにも多いアンダーヘアーのスタイルですね。

また、パイパンとの違いは、基本的には同じと考えても大丈夫ですが、「パイパンは剃毛」「ハイジニーナは脱毛」という意味もあるようなので、一応違いはあるみたいです。

夏が終わった今だからこそ!
美白を手に入れるための黒ずみケアクリームランキング

これから脱毛しようと思っている方や、すでに脱毛をしている方。
脱毛後の黒ずみ対策は済んでいますか?

せっかくムダ毛の処理が出来ているのに、黒ずみで目立ってしまっては脱毛の意味がなくなってしまいます…

脱毛後に悩まないためにも、黒ずみケアをしっかりと行って綺麗ですべすべなお肌を手に入れましょう♪

このページの先頭へ