デリケートゾーンの黒ずみの原因|改善して美白になる3つの方法

デリケートゾーン 黒ずみ

VIO脱毛をして、今まで気が付かなかった黒ずみに気がついたり、脱毛をしようと思っているけど黒ずみが気になって一歩踏み出せないという方も多いのではないでしょうか?

また、人にはなかなか相談しにくい悩みなので、一人で抱え込んでしまっている方も多いようです。

そこで、この記事ではデリケートゾーンの黒ずみの原因と、黒ずみを治して美白デリケートゾーンになるための3つの方法を紹介していきますね。

デリケートゾーンの黒ずみの原因|どうして黒ずむの?

デリケートゾーンの黒ずみの最大の原因は「メラニン色素の沈着」です。

メラニン色素とは、肌が刺激を受けることで作られる成分で、傷を回復を手助けする役割があり、刺激から肌を守るために表面に出てくるので、肌が黒ずんでしまいます。

日焼けをして肌が黒くなるのも、メラニン色素が肌を守ろうとして肌の表面に出てくるためです。

デリケートゾーンのメラニン色素はこのような原因で作られます。

刺激や摩擦

これがデリケートゾーンが黒ずんでしまう原因で一番多いです。

カミソリや毛抜きなどでアンダーヘアの自己処理をすることで、肌へダメージを与えてしまいメラニン色素が沈着していきます。

自己処理の場合は、正しい方法で処理を行えば刺激を少なくすることはできますが、完全に刺激をなくすことは不可能です。

ブラジリアンワックスなどでの脱毛は、さらに刺激が強いので注意が必要です。

また、デリケートゾーン周辺の皮膚は薄いので、下着との摩擦でもダメージを受けてしまい黒ずみを引き起こしてしまいます。

デリケートゾーンの黒ずみを解消して美白になる3つの方法

デリケートゾーンの黒ずみを解消するには、「とにかく刺激を少なくすること」です。

そして、黒ずみを悪化させないことを意識しながら、美白ケアをしていきます。

刺激を与えないように意識するだけでもある程度は黒ずみを解消することができますが、美白ケアなしで美白にすることは難しいので、美白ケアについても合わせて紹介していきますね。

1.アンダーヘアの自己処理に気をつけよう

黒ずみの原因でも書きましたが、アンダーヘアの自己処理が黒ずみの1番の原因です。

なので、あなたの好みの形に脱毛をするのが最もいいのですが、脱毛は気が引けるという方も多いかと思います。

自己処理の場合は、電気シェーバーをおすすめします。

カミソリや毛抜き、ブラジリアンワックスなどの処理方法もあるのですが、どれも肌へのダメージが大きすぎるので、手軽にできますが、あまりおすすめすることはできません。

また、処理後はクリームなどでのアフターケアを忘れずに、入念に行っていくようにしましょう。

2.日常生活での刺激を抑えよう

普段からTバックなどセクシーな下着を履いている方もいるかと思いますが、Tバックなどセクシーな下着は皮膚との摩擦が大きく、黒ずみを悪化させてしまう原因になります。

また、サイズが小さかったり素材が荒めの生地でできている下着も、肌をこすれている部分が黒ずんでいくのでなるべく履かないほうがいいですね。

素材は、綿(コットン)や絹(シルク)などが肌へのダメージが少なく、通気性もいいので日常的に履く下着にはぴったりです。

就寝時は下着を履かずに寝ることで、肌へダメージを与えてしまう心配がないので、思い切って下着を履かずに寝てみるのもいいかもしれませんね。

セクシーな下着は、ここぞという時だけにしておきましょう。

3.デリケートゾーン専用石鹸と美白クリームで美白に!

「1」と「2」を日常生活で気をつけていきながら、同時に美白ケアも行っていきます。

市販で売られているボディーソープでデリケートゾーンも洗っている方が多いですが、低刺激で匂いや黒ずみを解消できるデリケートゾーン専用石鹸で洗っていくことで、黒ずみが治るまでの期間がかなり早くなります。

さらに、入浴後に黒ずみ対策の美白クリームでケアをしていくと、デリケートゾーンは美白になっていきますよ。

デリケートゾーンは名前の通りデリケートゾーンな部分なので、黒ずみやすくケアも大変ですが、しっかりとケアをしていくと黒ずみは案外簡単に治すことができるので、あなたも是非試してみてくださいね^^

夏が終わった今だからこそ!
美白を手に入れるための黒ずみケアクリームランキング

これから脱毛しようと思っている方や、すでに脱毛をしている方。
脱毛後の黒ずみ対策は済んでいますか?

せっかくムダ毛の処理が出来ているのに、黒ずみで目立ってしまっては脱毛の意味がなくなってしまいます…

脱毛後に悩まないためにも、黒ずみケアをしっかりと行って綺麗ですべすべなお肌を手に入れましょう♪

このページの先頭へ