デリケートゾーンのにおいは病気のサイン?放置は絶対ダメ!

デリケートゾーン におい 病気

おそらくこの記事を読んでいる方は、デリケートゾーンのにおいについて何らかの悩みを抱えているのではないでしょうか?

デリケートゾーンが嫌なにおいがする原因は、大きく分けて

  • 経血や汗、垢などの付着によって雑菌が繁殖していく場合
  • 性病などの病気の場合

の2種類に分けることができます。

雑菌が繁殖してにおいが発生している場合は、自宅でのケアでも治すことができますが、病気が原因の場合は絶対に放置してはいけません。

そこでこの記事では、デリケートゾーンのにおいで分かる病気の特徴を紹介していきますね。

雑菌の繁殖を抑えて自宅でにおいを解消していく方法はこちらをご覧ください。
人には言えないデリケートゾーンのにおいはこっそり解消するべし!

そのにおい病気のサインかも!種類とにおいの特徴

クラミジア

原因

クラミジアに感染する主な原因は、性交渉です。

生命力がそこまで強くない菌なので、お風呂や便座に付着して感染するケースは多くありません。

症状

クラミジアに感染していても、自覚症状がないことが多いので、感染していることに気がついていない人もたくさんいます。

症状は、主に排尿時の痛みや尿道の痒み、違和感などがあります。

におい

女性の場合は、おりものの量が増えにおいがきつくなります。

また、おりものが緑色に近くなるので、においだけでなくおりものの色でも気がつけることもあります

カンジダ膣炎

原因

主な原因は、ストレスや体調不良などからくる免疫低下です。

免疫が低下することによって、膣内の自浄作用が弱くなり、感染しやすくなります。

症状

カンジダ膣炎に感染すると陰部の炎症や痛み、かゆみなどが引き起こります。

また、おりものがネバっとチーズのような状態になることもあります。

におい

クラミジア同様、おりもののにおいがきつくなります。

ひどくなると魚のような生臭さを発する場合もあります。

トリコモナス膣炎

原因

トリコモナスという微生物が原因で感染し、性交渉でも感染することがあります。

女性の場合は、生理中は特に感染しやすくなる傾向があるようです。

また、乾燥には弱いですが、水中では長時間生存するので、お風呂などから家族全員に感染するといったケースもあります。

症状

膣内や陰部周辺に激しいかゆみが生じます。

おりものも増え、泡状になることもあります。

におい

トリコモナス膣炎に感染すると、膣内の自浄作用が低下していくので、他にも様々な病気に感染してしまうこともあります。

なので、複数の病気に感染してしまう可能性も高く、その分においもきつくなっていきます。

異変に気がついたらすぐに産婦人科や医療機関へ!

デリケートゾーンから、かなりきついにおいがしたり、おりものの異変を感じた場合は、すぐに産婦人科や医療機関にかかるようにしましょう。

においに関しては、相手が医師でも話しにくいことかもしれませんが、病気の場合は放置していて治るものではありませんし、どんどん悪化していってしまいます。

さらに、病気が病気をよび、別の病気に感染してしまうことも多々あるので、自己判断はせず必ず専門家に相談してくださいね。

夏が終わった今だからこそ!
美白を手に入れるための黒ずみケアクリームランキング

これから脱毛しようと思っている方や、すでに脱毛をしている方。
脱毛後の黒ずみ対策は済んでいますか?

せっかくムダ毛の処理が出来ているのに、黒ずみで目立ってしまっては脱毛の意味がなくなってしまいます…

脱毛後に悩まないためにも、黒ずみケアをしっかりと行って綺麗ですべすべなお肌を手に入れましょう♪

このページの先頭へ